気長に治すのがポイント アトピーの症状と対処法

アトピー性皮膚炎の症状には皮膚の乾燥、かゆみ、鱗屑、じゅくじゅく、赤みなどがあり原因を除去することが必要です。

気長に治すのがポイント アトピーの症状と対処法

アトピー性皮膚炎の症状について

アレルギー疾患のひとつで有名なのがアトピー性皮膚炎です。
アトピー性皮膚炎はアレルギー体質といったアトピー要因を持っている人で肌が乾燥している場合に、アレルゲンを取り込むことで起こる疾患です。
乳幼児に発症しやすく、昔に比べると子どもの患者数が増えているとされています。
アトピーの症状は皮膚の乾燥、かゆみ、鱗屑、ジュクジュク、赤みなどです。
また回復したり、なんらかの刺激によって悪化することを繰り返す場合があります。
最初に気付くのは乳児期の発疹という事が多く、乳児性湿疹と間違われる場合もあります。
乳期の場合のアトピーはミルクがアレルゲンになる場合が多いです。

幼児期のアトピーはハウスダストが原因になる場合が多いです。
成長とともに改善され治る場合もありますが、治らずにそのまま成人になってもアトピーの症状が続く場合もあります。
また、アレルギーマーチにより子どもの時にアトピーだった人は成長とともに花粉症といった別のアレルギー疾患に変わる場合もあります。
アトピーにかかったら受診して外用薬を塗ったりかゆみ止めの薬を飲んで治療を行います。
また、乾燥すると悪化しやすいので皮膚の保湿を心がけることが重要です。
アレルゲンを除去し、衣類の刺激や汗といったアトピーに良くないものに気をつけること必要があります。
かき壊すと化膿したり傷跡に色素が沈着する可能性があるので注意します。
症状によるストレスはアトピーを悪化させる原因にもなるので、なるべくストレスをやわらげることも大切です。
お勧めのサイト